2018年 今年の振り返り。

今年は我家にとって節目となるような出来事が多くて、とても印象深いですね。

3月でアーチャンが特別支援学校卒業して、西成wingの生活訓練に通所を始めた事で、社会人として歩みはじめたこと。

7月の末から2週間、近所のギャラリー見る倉庫さんに誘って頂いての家族展の開催と、その直後に見に来てくださったアトリエインカーブさんから、お誘い頂いて、結果10月から通所始めた事。

この10年間ほどの活動記録を集めた家族展は、展示のアイデアのまとめも、作業もこれだけのボリュームのものするの初めてで、ちょっと大変でしたが、本当にやって良かったと思います。
お誘いくださったギャラリー見る倉庫さんに感謝致します。

アトリエインカーブさんに通所するようになり、お任せ願える部分が出来て、今までのように、家族でのワークショップ参加等も毎週探しては参加と、する必要も無いでしょうし、近い将来のアーチャンの居場所が出来て、私達も肩の荷が少し降りたように感じています。自分の時間も少しですが、持てるように思います。

もちろん、何があるか先の事は実際分かりませんし、今後も多くの方の援助を必要とするでしょうし、今までの生活のベースは変わらないでしょう。

今後共よろしくお願い致します。