陶芸教室

9月の陶芸教室の最終日。今日は絵付け。アーチャンのお友達のHちゃんと、カーチャンのバーチャン(Kバーチャン)も一緒に参加。アーチャンは今朝も血便が出たが、火曜日の検査までは、対処の仕様もないし、とりあえず元気なので、参加する。
青少年会館主催の陶芸教室は今回で終了だったけれど、参加者で話し合って、クラブ形式で自主運営することで、来月以降も継続して陶芸教室が存続することになった。アーチャンも陶芸楽しみにしているので、良かった。

アーチャンの作品
小さい玉がぽろぽろ落ちてしまい、何だか全てがテストピースのようにも見えるが、本人には、それぞれ意味があるらしく、全て焼いてもらう事に。恐縮です。

お友達のHちゃんの作品
とても楽しい雰囲気のものばかり。釉薬掛けをアーチャンとワーキャー言いながら、全身どろどろになって、やっていました。

Kバーチャンの作品
花瓶はKバーチャンが作ったもの。お皿は僕のバーチャンが形作ったものに、Kバーチャンが絵付けした。

トーチャンの作品
小さいドットを繰り返し塗っていって、時間切れまで、やってみた。気が付くと真中がきれいな円になっていた。

カーチャンの作品
くっついているのはアケビらしい。これにシロヘビもくっつけるらしい。これ以外に、大量のお皿作って持っていったが、全て、織部釉に漬けるだけで、簡単にフィニッシュしていた。